かごがあるにも関わらず袋を背負うその心意気。